老眼対策にメガネを調達。サプリメントも同時並行。

私は、軽い近眼です。日常生活ではメガネをかけても、近くの物はそれほど変わりなく見えていました。

ところが、45歳くらいからでしょうか、メガネをかけて新聞を読もうとすると、なんだか読みづらいのです。

「なに?この見にくい感じは?」メガネをはずして読んでみると、こちらのほうが読みやすい。

「ピントが合いにくいのかしら?もしかして、これが老眼?」初めて、老眼を意識しました。

そう思うと、書類などを書くときに、近くの小さい文字が見にくく、文字を書くときも書きにくいと感じるようになっていました。メガネをかけたりはずしたりが頻繁になり、メガネコードで首からメガネを下げるスタイルになっていました。

老眼になると、遠近両用レンズのメガネが便利かもしれないと思い、お店で作ってみることにしました。

昔のようにレンズの真ん中の上下で、区切られている感じではなく、全く自然なレンズでぱっと見たところ、普通のメガネです。

幸い、まだ私は、軽い老眼らしく遠近両用レンズも一番ゆるい度数で作ってもらいました。最初は、足元を見たときに違和感があるかもしれませんと言われましたが、ほんとに最初だけでした。

すぐに目が慣れてきて、それほど気にならなくなりました。メガネのかけたりはずしたりが格段に減りました。お店の方によると、ゆるい度数で遠近両用レンズに慣れておくと、もう少し度が進んできつい度数になったとしても、対応しやすいとこのことでした。

老眼になっても、普通のメガネを楽しむようにかけられるので、最近はおしゃれなメガネで老眼を楽しもうかなと思っています。

老眼のサプリメントもちろん飲んでますけどね。

最初は本当にピントが合うようになるのかな?と思ったんですが、わりと合ってきますよ。

老眼のサプリメントを飲まない時と比較したら全然違います。

さすがに、老眼になる前と同じってわけにはいかないけれど、それでも満足のいくレベルにまでは達している感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です