老眼のサプリメントを選ぶ基準って何?

老眼のサプリメントを選ぶ基準を解説しているページってあんまりネット上でもないような気がします。

成分の含有量が多い少ないの話はちらほらあるんですが、成分の含有量で選んで失敗した事がある私にとっては、ぶっちゃげ成分の含有量だけではサプリメントの善し悪しっていうのは分からないのではないかと思うんですね。

老眼のサプリメントに入っていた方が良い成分としては、アントシアニン、アスタキンサンチン、ルテインやビタミンAやC、いろいろあるかと思いますが、基本的にはどれも抗酸化作用のある成分が入っている事が大切だと思います。

そして、この入っている抗酸化成分が、サプリメントとして一つの栄養の塊にした時に、どれだけそれぞれの成分が効力を発揮してくれるかどうか、相乗効果があるかどうかが問題だと思うんです。

だから、必要な成分はあると思います。ただ、最終的にはどれだけ効果的か?ここが一番大事ですよね。

結論からいえば、まずは臨床試験などで、実際にどんな症状の人がどれだけ老眼が改善されたかにかかっていると思います。

そして、その試験結果をちゃんと説明できている老眼サプリメントが最も選ぶべきサプリメントではないかと思うんですね。

ある意味では当たり前のことかも知れないですが、サプリメントメーカーとしては、これだけの臨床試験をするのは手間もかかる事だし、それに、もし費用と労力をかけて作った老眼サプリメントが実はあまり意味がないものだった、なんていう結果に終わってしまったらどうしよう?

そんなリスクもあります。

ただ、消費者からはこうした試験結果こそ大事なので、個人的にはとある某有名老眼サプリメントを販売しているメーカーの老眼サプリメントが一番良いと思うんですよね。

もちろん、試験をしていなくても良いものは中にはあると思います。ただ、それを一つずつ検証していくのは消費者としては負担が重すぎる、そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です